アヴァシンの帰還 ドラフト点数 & コメント(白)



アヴァシンの帰還の各カードにコメントを付けています。アルファベット順です。


アヴァシンの帰還 [AVR]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

8.5点  [R]《栄光の目覚めの天使/Angel of Glory's Rise》
クリーチャー ― 天使 (5WW)
4/6 飛行 / これが戦場に出たとき、すべてのゾンビを追放し、あなたの墓地にあるすべての人間・クリーチャー・カードを戦場に戻す。
この「アヴァシンの帰還」環境のゾンビは青・黒にあるものの強力なものは少ない。
《腐肉化》と合わせるとクリーチャーを追放できるが、それよりも人間を戻す方に期待したい。
4/6飛行だけでもかなりのものだが、赤を絡めた強力な人間シナジーと合わせると輪をかけて強力になる。
8.5点  [R]《歓喜の天使/Angel of Jubilation》
クリーチャー ― 天使 (1WWW)
3/3 飛行 / あなたがコントロールする他の黒でないクリーチャーは+1/+1される。 / プレイヤーは呪文を唱えたり能力を起動したりするために、ライフを支払うことも、クリーチャーを生け贄に捧げることもできない。
自分だけ全体強化するので、白を濃くしたデッキを組んで使いたいカード。
もう一方の能力は、《骨の粉砕》《流血の鑑定人》《骨髄コウモリ》《グリセルブランド》といった黒のカードを止めてくれる。
4.0点-  [C]《天使の慈悲/Angel's Mercy》
インスタント (2WW)
7点のライフを得る。
効果がライフ回復のみなので、別のカードを優先しよう。
5.5点  [C]《天使の壁/Angelic Wall》
クリーチャー ― 壁 (1W)
0/4 防衛、飛行
序盤を止めてくれる頼もしい壁。
デッキの高マナ域カードに繋げるまでの時間稼ぎができるだろう。
7.5点  [U]《大天使/Archangel》
クリーチャー ― 天使 (5WW)
5/5 飛行、警戒
7マナは出る。
5/5飛行は出れば脅威なので、他に強力カードがなければフィニッシャー候補。
8.5点  [M]《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》
伝説のクリーチャー ― 天使 (5WWW)
8/8 飛行、警戒 / これとあなたがコントロールする他のパーマネントは破壊されない。
8マナが出るよう時間を稼ぐ必要があるが、相手のデッキによっては「出れば勝ち」なので、メイン白ならフィニッシャーにする価値はある。
バウンス、コントロール奪取、X=8以上の《死の風》など、対処手段がないわけではないが、盤面を押さえる力は圧倒的。
8.0点  [U]《払拭の一撃/Banishing Stroke》
インスタント (5W)
アーティファクト1つかクリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、ライブラリーの一番下に置く。 / 奇跡(W)
盤面の脅威に対応できる除去。やや重いが決してムダにならず、インスタントなので使い勝手も良い。
4.5点  [U]《建築家の祝福/Builder's Blessing》
エンチャント (3W)
あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーは+0/+2される。
タフネスを上げれば守りが堅くなる。序盤・中盤に耐えたいデッキなら入る。
5.0点  [C]《奉仕へのいざない/Call to Serve》
エンチャント ― オーラ (1W)
エンチャント(黒でないクリーチャー) / つけられたクリーチャーは+1/+2され飛行を持ち、他のタイプに加えて天使でもある。
タフネスを2上げて軽い除去への耐性がつく。また大型クリーチャー等に飛行を与え、攻撃を通すことができるので利用価値の高いオーラ。
ただし天使のサブタイプは、《刃の篭手》《アヴァシンの巻物》と相互作用する程度にしか役立たない。
《腐肉化》等でクリーチャーを黒にされると、このオーラが外れる点は注意。
8.5点  [R]《聖戦士の進軍/Cathars' Crusade》
エンチャント (3WW)
クリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがコントロールするクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個ずつ置く。
強化量がカウンターの形で次々は蓄積される強力な全体強化。
除去の限られるリミテッド環境では非常に強く、エンチャント破壊で対処されない限り負けなくなる。
5.0点  [C]《大聖堂の聖別者/Cathedral Sanctifier》
クリーチャー ― 人間・クレリック (W)
1/1 これが戦場に出たとき、3点のライフを得る。
小型クリーチャーを牽制できれば、十分な仕事をしてくれる。
人間シナジーも期待できるので、悪くはない1マナ・クリーチャー。
何かのついでにバウンスやちらつかせるたびに3点ライフゲイン。使いまわせるならなお良い。
6.0点  [C]《雲隠れ/Cloudshift》
インスタント (W)
あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。それを追放し、あなたのコントロール下で戦場に戻す。
基本は除去避け。
デッキの他のカード次第で利用価値が変わるが、結魂主体のデッキなら大いに活躍が期待できる。
結魂能力の組を瞬時に入れ替えるなど、CIP持ちクリーチャーと合わせるとトリッキーな動きができる。
5.0点  [U]《指揮官の威厳/Commander's Authority》
エンチャント ― オーラ (4W)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーは「あなたのアップキープの開始時に、白の1/1の人間・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す」の能力を持つ。
毎ターン人間を出せる。しかし、オーラなのでクリーチャー除去やバウンスには弱い。
5マナかかるので、使えるかどうかは相手のデッキ次第か。
《天使の墳墓》《自警団の正義》等、シナジーするカードは多い。
4.5点  [C]《呪い破り/Cursebreak》
インスタント (1W)
エンチャント1つを対象とし破壊する。あなたは2点のライフを得る。
対処すべきエンチャントを見かけたときのサイドボードに。
6.0点  [C]《牙抜き/Defang》
エンチャント ― オーラ (1W)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーが与えるすべてのダメージを軽減する。
大型クリーチャーの威力を削げる意味で貴重な除去カード。フィニッシャーまでの時間稼ぎにも。
無力化したあとも厄介なブロッカーが居座るのは邪魔だが、それでも白の除去の選択肢が限られているので確保したい1枚。
7.0点  [U]《死の超克/Defy Death》
ソーサリー (3WW)
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、戦場に戻す。そのカードが天使である場合、その上に+1/+1カウンターを2個置く。
墓地からクリーチャーを直接戦場に戻せるので優秀。
デッキに天使が多いなら文句なし。
6.0点  [U]《敬虔な司祭/Devout Chaplain》
クリーチャー ― 人間・クレリック (2W)
2/2 (T),あなたがコントロールするアンタップ状態の人間を2体タップする:アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし追放する。
アーティファクト・エンチャント対策を兼ね、相手カードへの対応の幅を広げてくれる良カード。
無論デッキに人間が多くないと真価を発揮できないので、デッキ構成と要相談。
9.0点+  [R]《神聖なる反撃/Divine Deflection》
インスタント (XW)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、次にあなたやあなたがコントロールするパーマネントに与えられるダメージをX点軽減する。これによりダメージが軽減される場合、これはその対象に、軽減される点数に等しい点数のダメージを与える。
形勢逆転、ダメージを跳ね返すカード。相手の残りライフが少ない局面では火力代わりのエンドカードになる。
相手の攻撃で相手のクリーチャーを除去できるので、容易に1対2交換が取れる。
デッキの隙間に入れる価値がありタッチも容易なので、見かけたらピックしよう。
8.0点  [U]《解放の天使/Emancipation Angel》
クリーチャー ― 天使 (1WW)
3/3 飛行 / これが戦場に出たとき、あなたがコントロールするパーマネント1つを手札に戻す。
飛行3/3は、コモンなら《暁の熾天使》でないと止められないサイズで、しかもこれが3マナ。
パーマネントを戻す能力も、状況を作ればメリットに変わる。《豊かな成長》を戻してアドバンテージを稼ぐなど有効活用したい。
9.0点+  [M]《天使への願い/Entreat the Angels》
ソーサリー (XXWWW)
飛行を持つ白の4/4の天使・クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。 / 奇跡(XWW)
通常なら、フィニッシャーとなる4/4天使が、5マナで1体、7マナで2体。
奇跡コストが破格の軽さなので、長引いたゲームで引けるとそのまま勝てる。
6.0点  [C]《遠沼の探検者/Farbog Explorer》
クリーチャー ― 人間・スカウト (2W)
2/3 沼渡り
タフネス3は除去されにくいため、メインから採用できる。
人間なので多くのカードとシナジーを持ち、相手が沼を使うようなら致命的なクリーチャーになりうる。
8.0点  [U]《黄金夜の指揮官/Goldnight Commander》
クリーチャー ― 人間・クレリック・兵士 (3W)
2/2 他のクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたがコントロールするクリーチャーはEOTまで+1/+1される。
クリーチャーが出ると全体強化。軽いクリーチャーを連打できるとその分多く強化される。
《屋根職人の反乱》と組み合わさると、既に戦場に出ているクリーチャーが+3/+3され、さらに4/4速攻持ちが3体殴れる状況になる。
8.0点  [U]《黄金夜の救い手/Goldnight Redeemer》
クリーチャー ― 天使 (4WW)
4/4 飛行 / これが戦場に出たとき、あなたがコントロールする他のクリーチャー1体につき2点のライフを得る。
4/4飛行はサイズだけでも十分強力。
この環境、相手次第ではクリーチャーがお互い並んで膠着しがちになる。その場合かなりの回復量が期待でき、ゲーム中盤で減ったライフを一気に安全圏に持って行くことができる。
8.5点  [R]《戦争の伝令/Herald of War》
クリーチャー ― 天使 (3WW)
3/3 飛行 / これが攻撃するたび、この上に+1/+1カウンターを1個置く。 / あなたが唱える天使呪文と人間呪文は、この上に置かれている+1/+1カウンター1個につき、唱えるためのコストが(1)少なくなる。
はじめは4/4で攻撃。攻撃できる状況ならどんどん成長するフライヤー。
コスト軽減も色的によくかみ合い、マナコストの大きな天使を出す際に活用できるだろう。
7.0点  [U]《聖なる司法高官/Holy Justiciar》
クリーチャー ― 人間・クレリック (3W)
2/1 (2W),(T):クリーチャー1体を対象としタップする。そのクリーチャーがゾンビである場合、それを追放する。
コストのかかるタッパー。白は他の除去が心もとないので、これでも十分重宝する。
かなりマナを縛られるので、能力軌道はよく考える必要がある。
《腐肉化》と合わせてクリーチャーを追放できる。
4.0点-  [C]《信じ抜く心/Leap of Faith》
インスタント (2W)
クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで飛行を得る。そのクリーチャーにこのターン与えられるすべてのダメージを軽減する。
1体からのダメージを軽減。
うまく使えば一方的に相手クリーチャーを討ち取れるが、状況を選ぶためやや使いにくい。
5.0点  [C]《真夜中の決闘者/Midnight Duelist》
クリーチャー ― 人間・兵士 (W)
1/2 プロテクション(吸血鬼)
相手のデッキに依存するので、サイドボードで十分。
《ファルケンラスの駆除屋》《ヘイヴングルの吸血鬼》を止められるのは強いが、2点火力の《火柱》で落ちるので過信は禁物。
5.5点  [C]《ミッドヴァストの守護者/Midvast Protector》
クリーチャー ― 人間・ウィザード (3W)
2/3 これが戦場に出たとき、あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまでプロテクション(あなたが選んだ色1色)を得る。
膠着した状態からでも、クリーチャーにプロテクションを得させて攻撃させられるのでそこそこ強力。
《雲隠れ》等のちらつきスペルと相性が良く、併用すると相手ターンの戦闘に対応してプロテクションをつけられる。
6.0点  [C]《月明かりの霊/Moonlight Geist》
クリーチャー ― スピリット (2W)
2/1 飛行 / (3W):このターン、これに与えられるすべての戦闘ダメージとこれが与えるすべての戦闘ダメージを軽減する。
マナが余るゲーム後半に残っていると、戦闘に対して無敵のブロッカーとなれる。
軽減は戦闘ダメージ限定なので、直接の除去には弱い。
6.5点  [C]《ムーアランドの審問官/Moorland Inquisitor》
クリーチャー ― 人間・兵士 (1W)
2/2 (2W):これはEOTまで先制攻撃を得る。
先制攻撃のため、相打ちを取られない攻撃を仕掛けやすい。
タフネス3で容易に止まるが、序盤から相手のライフを削るのに最適。
8.0点  [U]《近野の巡礼者/Nearheath Pilgrim》
クリーチャー ― 人間・クレリック (1W)
2/1 結魂 / これが他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは絆魂を持つ。
結魂するとライフを突然大きく得られるようになる。
タフネス1もなかなか除去されにくい環境なので、猛威をふるうことができよう。
回避能力持ちや巨大クリーチャーと組になれるとかなり有利を取れる。
9.0点+  [R]《修復の天使/Restoration Angel》
クリーチャー ― 天使 (3W)
3/4 瞬速 / 飛行 / これが戦場に出たとき、あなたがコントロールする天使でないクリーチャー1体を対象とする。それを追放し、あなたのコントロール下で戦場に戻してもよい。
相手の攻撃に対応して、3/4飛行をイキナリ戦場に出して、しかもちらつき能力によりタップ状態のクリーチャーが1体アンタップ。
結魂クリーチャーの組を瞬時に入れ替わらせたりもできる。
コンバットトリックとしてかなり優秀なカード。
単体でも3/4飛行が弱いわけがなく、戦場で脅威となり続ける。
8.5点  [R]《ガヴォニーの騎手/Riders of Gavony》
クリーチャー ― 人間・騎士 (2WW)
3/3 警戒 / これが戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。 / あなたがコントロールする人間・クリーチャーはプロテクション(その選ばれたタイプのクリーチャー)を持つ。
タフネス3で除去されにくく、警戒持ち。 戦場に脅威がなければ、「アヴァシンの帰還」環境に多い「人間」を指定することが多いだろうか。
クリーチャー全員に恩恵が行くので、相手のデッキの構成次第では、実質アンブロッカブル同然となることもある。
7.0点  [C]《正義の一撃/Righteous Blow》
インスタント (W)
攻撃クリーチャーかブロック・クリーチャー1体を対象とする。これはその対象に2点のダメージを与える。
タフネス2までと対象が狭く心もとないが、序盤に使える除去。
緑の結魂持ち、《信頼厚き腕力魔道士》等の補助でタフネスを上げられる前に厄介なクリーチャーは始末したい。
7.5点  [C]《暁の熾天使/Seraph of Dawn》
クリーチャー ― 天使 (2WW)
2/4 飛行 / 絆魂
回避能力と絆魂とのセットを持ち、コモンの中で最も厄介な存在。
シナジーを持たなくても単体で十分活躍するので、白のデッキなら取った分をすべて入れておけばよい。
9.0点+  [R]《銀刃の聖騎士/Silverblade Paladin》
クリーチャー ― 人間・騎士 (1WW)
2/2 結魂 / これが他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは二段攻撃を持つ。
パワーの高いクリーチャーに付くと一瞬で勝負が決まる、油断ならない能力。
緑赤黒のクリーチャーや、パワーを底上げする装備品《拷問者の三叉矛》あたりを押さえておきたい。
5.5点  [C]《幽体の門護衛/Spectral Gateguards》
クリーチャー ― スピリット・兵士 (4W)
2/5 結魂 / これが他のクリーチャーと組になっているかぎり、両方のクリーチャーは警戒を持つ。
守りたいデッキならかなり硬い壁となってくれる。
警戒持ちは攻撃に行けるので、パワー・タフネス双方に優れるクリーチャーと組にできると強力。緑と合わせて使いたい。
8.5点  [R]《終末/Terminus》
ソーサリー (4WW)
すべてのクリーチャーをライブラリーの一番下に置く。 / 奇跡(W)
劣勢から状況をリセットできる。相手の不死持ちも関係なく一掃できるので強力。
奇跡コストも安いが、序盤に引いたところで撃てないので、6マナと考えておくと良い。
6.0点  [C]《スレイベンの勇者/Thraben Valiant》
クリーチャー ― 人間・兵士 (1W)
2/1 警戒
序盤から攻撃を仕掛けるような、白赤などの速いデッキに。
6.0点  [C]《州民の声/Voice of the Provinces》
クリーチャー ― 天使 (4WW)
3/3 飛行 / これが戦場に出たとき、白の1/1の人間・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
6マナなら、もう少し強力なクリーチャーを取りたい欲は出てくるが…
コモンとしては3/3飛行と弱くはなく最低限のスペックはあるので、高マナ域の保険として悪くない。
5.5点  [C]《盲信の一撃/Zealous Strike》
インスタント (1W)
クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで+2/+2され先制攻撃を得る。
コンバットトリックは重要。
特に先制攻撃は、相手を一方的に討ち取ることも多いので重宝する。
アヴァシンの帰還 [AVR]  【ドラフト点数表  【カード解説;



'Blinkmoth'トップへ戻る

マジック:ザ・ギャザリングのゲームに関わる事項(カード・テキストを含む)は、Wizards of the Coast社が著作権を有します。
(株)タカラトミーは、マジック:ザ・ギャザリングの日本語版販売代理店です。