イニストラード ドラフト点数 & コメント(赤)



イニストラードの各カードにコメントを付けています。アルファベット順です。
front-side印は両面カードです。正面と背面とで色の異なるカードは、正面の色のページに載せています。


イニストラード [ISD]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

4.5点  [C]《古えの遺恨/Ancient Grudge》
インスタント (1R)
アーティファクト1つを対象とし破壊する。 / フラッシュバック(G)
相手が嫌な装備品を使ってきた場合のサイドボード。
装備品の種類は多いので、余裕あるときにピックしておくのが無難。
6.0点  [C]《灰口の猟犬/Ashmouth Hound》
クリーチャー ― エレメンタル・猟犬 (1R)
2/1 これがクリーチャーをブロックするかクリーチャーにブロックされた状態になるたび、これはそのクリーチャーに1点のダメージを与える。
タフネス1は一方的に倒せ、タフネス3までを相手にできる。序盤のアタッカーとして優秀。
8.5点  [M]《災火のドラゴン/Balefire Dragon》
クリーチャー ― ドラゴン (5RR)
6/6 飛行 / これがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、これはそのプレイヤーがコントロールする各クリーチャーに、その点数に等しい点数ずつのダメージを与える。
攻撃が通れば相手のみ全体除去。対処できないとほぼゲームセット。強力。
8.5点  [R]《冒涜の行動/Blasphemous Act》
ソーサリー (8R)
これを唱えるためのコストは、戦場にあるクリーチャー1体につき(1)少なくなる。 / これは各クリーチャーに13点ずつのダメージを与える。
クリーチャーが6体並べば、コストは(2R)。
クリーチャーが並びやすい環境なので、見た目以上に打ちやすい全体除去。
ただし自分のクリーチャーもある程度犠牲になることが多い。
6.0点  [C]《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》
クリーチャー ― 吸血鬼 (1R)
2/1 これは可能なら毎ターン攻撃する。 / これがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、この上に+1/+1カウンターを1個置く。
戦場に出してブロックされなければどんどん大きくなる。
装備品で先制攻撃を付与するなど、序盤からサポートできると手が付けられなくなる。
8.0点  [C]《硫黄の流弾/Brimstone Volley》
インスタント (2R)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象に3点のダメージを与える。 / 陰鬱 ― このターンにクリーチャーが死亡している場合、代わりに5点のダメージを与える。
3点火力だが、戦闘とうまく絡めると5点に。コモンで唯一の融通のきく除去インスタント。
相手のライフが5を切ったら、突撃したクリーチャーを相手に倒させて陰鬱条件を満たし、プレイヤーに5点というのも常套戦術。
4.5点  [U]《燃え立つ復讐/Burning Vengeance》
エンチャント (2R)
あなたが呪文をあなたの墓地から唱えるたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象に2点のダメージを与える。
フラッシュバックしたときにオマケで火力が飛ぶようになるエンチャントだが、使いにくい。
リミテッドのデッキに入るインスタントやソーサリーの数には通常、限りがある。
フラッシュバックのコストは一般的に重く設定されているものが多いので、ゲーム中に出番がなくなる可能性も高そう。