基本セット2011 ドラフト点数 & コメント(青)



基本セット2011 のカードについてのコメントです(作成中)。アルファベット順です。
カードのデータベースは、Wisdom Guild 様のサイトで公開されたものを元に作成しました。


基本セット2011 [M11]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

7.0点  [C]《霊気の達人/AEther Adept》
クリーチャー ― 人間・ウィザード (1UU)
2/2 これが戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とし、手札に戻す。
バウンスでテンポを稼ぎつつ2/2が残るのは強い。
色拘束が強いのが心配だが、序盤に展開して押し切るデッキにとっては願ってもないカード。
マナ・コストの大きなフィニッシャーを、1ターン封じるのも良し。
8.5点  [U]《大気の召使い/Air Servant》
クリーチャー ― エレメンタル (4U)
4/3 飛行 / (2U):飛行を持つクリーチャー1体を対象とし、タップする。
タフネスが3と、心もとないのが若干不安要素。
とはいえ、自身の能力で飛行ブロッカーを排除できるので、フィニッシャーとしての素質は十分ある。
4.5点  [U]《魅惑するセイレーン/Alluring Siren》
クリーチャー ― セイレーン (1U)
1/1 (T):対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。このターン、そのクリーチャーは可能ならばあなたを攻撃する。
他に大きなブロッカーを置いておけば、攻撃強制で小物を排除できる。
ただゲーム全体からみれば、ごく些細なこと。
M11の青は守りに長けるので、長期戦を狙うなら悪くなさそうだが、取り立てて欲しい効果ではない。
5.0点  [C]《装甲のカンクリックス/Armored Cancrix》
クリーチャー ― カニ (4U)
2/5 (バニラ)
地上を固めてくれる。しかし5マナ・クリーチャーとしての魅力はない。
6.5点  [C]《占いフクロウ/Augury Owl》
クリーチャー ― 鳥 (1U)
1/1 飛行 / これが戦場に出たとき、占術3を行う。
残る1/1にはあまり期待できないが、占術が かなり便利。
要らないカードを3枚までライブラリーの底に送れるので、欲しいカードを試合で使える可能性が大きく上がる。
デッキに入れない手はないだろう。
7.0点  [C]《蒼穹のドレイク/Azure Drake》
クリーチャー ― ドレイク (3U)
2/4 飛行
防御重視のフライヤー。
白のコモンのフライヤーを根こそぎ止めてくれるのが頼もしい。
5.0点  [U]《思い起こし/Call to Mind》
ソーサリー (2U)
あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とし、手札に戻す。
除去スペルを回収できると美味しいので、多く取れたならば。
本体火力を唱えることが重要な《チャンドラの吐火》等のサポートとしても良さそう。
6.0点  [C]《取り消し/Cancel》
インスタント (1UU)
呪文1つを対象とし、打ち消す。
万能な打ち消し呪文。いくぶん受け身だが、青が濃いデッキなら入れてよいだろう。
《マナ漏出》に比べると、優先度は下がるが、どんな呪文だろうと打ち消せる点で無駄になりにくい。
8.0点  [R]《クローン/Clone》
クリーチャー ― 多相の戦士 (3U)
0/0 戦場にあるいずれかのクリーチャーのコピーとして、これを戦場に出してもよい。
唱えた時点で最も強力なクリーチャーに変化する。
相手のフィニッシャーに化けられるなど、柔軟性が強み。
6.5点  [C]《雲の精霊/Cloud Elemental》
クリーチャー ― エレメンタル (2U)
2/3 飛行 / これは飛行を持つクリーチャーのみをブロックできる。
飛行アタッカー。ブロックの制限はあるが、タフネス3なので戦力としてはむしろ歓迎。
9.0点+  [R]《難題のスフィンクス/Conundrum Sphinx》
クリーチャー ― スフィンクス (2UU)
4/4 飛行 / これが攻撃するたび、プレイヤーはカード名を1つずつ指定する。各プレイヤーはライブラリーの一番上のカードを公開する。自分が公開したカードが自分の指定したものである場合、そのプレイヤーは公開したカードを手札に加える。そうでない場合、そのプレイヤーは公開したカードをライブラリーの一番下に置く。
4マナ4/4飛行というだけでも、ピックして良い。
青は占術によるライブラリ操作が可能なので、うまく組み合わせれば、この能力で確実にカードをドローできる。
6.0点  [C]《縮退/Diminish》
インスタント (U)
クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで1/1になる。
どんなクリーチャーも1/1にするので、コンバット・トリックに上手く活用しよう。
ティムや、《突き刺す苦痛》《スズメバチの一刺し》 などの1点除去を有効に使うことも可能。
5.0点  [U]《瞬間凍結/Flashfreeze》
インスタント (1U)
赤か緑の呪文1つを対象とし、打ち消す。
打ち消したい赤or緑の呪文があるときに、サイドボードから投入。
7.0点  [C]《予感/Foresee》
ソーサリー (3U)
占術4を行い、カードを2枚引く。
コモンの便利なドロー。そんなに早くないリミテッド環境では、カード・アドバンテージは重要。
ライブラリを4枚以上見られることになるので、欲しいカードにアクセスしやすくなる。
8.5点  [M]《霜のタイタン/Frost Titan》
クリーチャー ― 巨人 (4UU)
6/6 これが、対戦相手のコントロールする呪文や能力の対象になるたび、そのコントローラーが(2)を支払わないかぎり、その呪文や能力を打ち消す。 / これが戦場に出るか攻撃するたび、パーマネント1つを対象とする。その対象は、コントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
青なら6/6だけでも十分だけれど…
アンタップ抑制効果は、こちらの攻撃を通しやすくし試合の決着を早める。
場合によってはマナをも縛れるため、一方的に優位になることも。
5.5点  [C]《湾口の海蛇/Harbor Serpent》
クリーチャー ― 海蛇 (4UU)
5/5 島渡り / これは、5つ以上の島が戦場にないかぎり攻撃できない。
攻撃するための要件がかなりゆるいので、ゲームが進めば、実質デメリットなしの5/5。 相手が青なら採用は全く問題なし。
6.5点  [C]《氷の牢獄/Ice Cage》
エンチャント ― オーラ (1U)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーは攻撃したりブロックしたりできず、その起動型能力を起動できない。 / つけられたクリーチャーが呪文や能力の対象になったとき、これを破壊する。
脆いオーラ。能力の起動を一時的に止められるのは魅力的。
ただの強化スペルでも、このオーラは割られてしまうので、つけていても安心できないのが難点。
相手がティムやタッパー、装備品等をコントロールしていると全く役に立たないので、場合によってはサイドに。
8.5点  [M]《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
プレインズウォーカー ― ジェイス (1UU)
[3] [+2]:各プレイヤーはカードを1枚ずつ引く。 / [-1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。 / [-10]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、ライブラリーの一番上から20枚のカードを墓地に置く。
隙をみて、自分だけ余計にドローできる能力が強い。
青は守りに長け、[+2]能力のおかげで除去されにくくなっているので、[-10]能力が脅威になることもしばしば。
デッキ枚数が少ないリミテッドでは一撃必殺級。
4.0点-  [C]《ジェイスの消去/Jace's Erasure》
エンチャント (1U)
あなたがカードを1枚引くたび、プレイヤー1人を対象とする。あなたは「そのプレイヤーはライブラリーの一番上のカードを墓地に置く」ことにしてもよい。
《ジェイス・ベレレン》や、《心の傷跡》が取れるなどして、ライブラリアウト戦略を目指すのなら使えるかもしれない。
通常のデッキではお呼びでない。
7.5点  [U]《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》
インスタント (3UU)
カードを3枚引く。
《予感》とともに、M11の青を支える強力ドロー。単純に強力な効果。
インスタント呪文であるため、コンバットトリックやカウンター用のマナを構えて動けるのが嬉しい。選択の自由度が上がる。
4.5点  [R]《予期の力線/Leyline of Anticipation》
エンチャント (2UU)
これがゲーム開始時の手札にある場合、これを戦場に置いた状態でゲームを開始してもよい。 / あなたは土地でないカードを、瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
コンバット・トリックとしてブロッカーを出したり、クリーチャーに速攻を持たせたりする効果。
コントロール系のデッキ向け。4マナとコストが少々重い。
6.5点  [C]《マナ漏出/Mana Leak》
インスタント (1U)
呪文1つを対象とする。そのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、その呪文を打ち消す。
優秀な2マナカウンター。序盤は確定カウンターとして機能する。
ゲーム後半、土地が余っている状態にならない限りは、大抵の呪文を打ち消せるので強い。
5.0点  [C]《臨海の護衛/Maritime Guard》
クリーチャー ― マーフォーク・兵士 (1U)
1/3 (バニラ)
パワー2以下は止められるので、序盤の足止めに。
クリーチャーが足りないときには出番が来るかもしれない。
4.0点-  [R]《集団変身/Mass Polymorph》
ソーサリー (5U)
あなたがコントロールするすべてのクリーチャーを追放し、あなたのライブラリーの一番上のカードを、その数に等しい枚数のクリーチャー・カードが公開されるまで公開する。これにより公開されたすべてのクリーチャー・カードを戦場に出し、残りの公開されたカードをライブラリーに加えて切り直す。
良質なクリーチャーがいくつか取れているが、なかなか手札に来ないままゲームが進行して、弱いクリーチャーがある程度の数、戦場に並んでしまったという状況でなら、使っても良さそう。
マナ・コストを無視してクリーチャーが展開され、一気に優位に立てる…かもしれない。
6.0点  [R]《マーフォークの君主/Merfolk Sovereign》
クリーチャー ― マーフォーク (1UU)
2/2 あなたがコントロールする他のマーフォーク・クリーチャーは+1/+1される。 / (T):マーフォーク・クリーチャー1体を対象とする。このターン、そのクリーチャーはブロックされない。
デッキに入れたいマーフォークが 《巻物泥棒》 くらいしかない状況なので、あまり期待できなさそうなロード。
ただ、《巻物泥棒》 は真価を発揮してくれる。
4.5点  [C]《マーフォークのスパイ/Merfolk Spy》
クリーチャー ― マーフォーク・ならず者 (U)
1/1 島渡り / これがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーは手札のカードを1枚無作為に選んで公開する。
相手が青なら、デッキに入れても良さそう。そうでなければ、サイドボードに置いておいて良い。
9.0点+  [U]《精神の制御/Mind Control》
エンチャント ― オーラ (3UU)
エンチャント(クリーチャー) / あなたはつけられたクリーチャーをコントロールする。
相手の強力クリーチャーを奪って自分のものにする。
コントロール奪取は、除去オーラの中でもきわめて強力で、エンチャント破壊で対処されないかぎりはアドバンテージを取れる。
5.5点  [C]《否認/Negate》
インスタント (1U)
クリーチャーではない呪文1つを対象とし、打ち消す。
非クリーチャー呪文限定の打ち消し。
恐ろしいスペルを見かけたら、デッキに忍ばせても良いかも。
5.5点  [C]《幻影の獣/Phantom Beast》
クリーチャー ― イリュージョン・ビースト (3U)
4/5 これが呪文や能力の対象になったとき、これを生け贄に捧げる。
サイズは良し。対応できなければ強力なので、デッキに入れて構わない。
もちろん相手次第。ティムやタッパーその他が出ていると、マトにしかならない。
6.0点  [C]《定業/Preordain》
ソーサリー (U)
占術2を行い、カードを1枚引く。
要らないカードだけを底に送れる占術は強力。デッキをスムーズに回すためにも、青をやるなら取っておこう。
6.0点  [R]《移し変え/Redirect》
インスタント (UU)
呪文1つを対象とする。その呪文の新たな対象を選んでもよい。
カウンターのように働く、受身の呪文。うまく使えば、打ち消し以上に相手に損害を与えることができる。
タッチでは使えないが、コストが2マナと軽いのはありがたい。
6.5点  [C]《巻物泥棒/Scroll Thief》
クリーチャー ― マーフォーク・ならず者 (2U)
1/3 これがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、カードを1枚引く。
タフネス3なので、相打ちを心配せずに攻撃に行きやすい。
《囁き絹の外套》《ゴブリンのトンネル掘り》などを上手く使って、回避能力を持たせたいところ。
8.0点  [U]《睡眠/Sleep》
ソーサリー (2UU)
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールするすべてのクリーチャーをタップする。それらのクリーチャーは、そのプレイヤーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
クリーチャーを事前に並べておく必要があるが、青のフィニッシャー。
2ターンにわたり、相手のクリーチャーをほぼ無視して攻撃できるようになるので重宝する。
時間稼ぎの用途にも使える。
8.0点  [R]《嵐潮のリバイアサン/Stormtide Leviathan》
クリーチャー ― リバイアサン (5UUU)
8/8 島渡り / すべての土地は、自身の他のタイプに加えて島でもある。 / 飛行や島渡りを持たないクリーチャーは攻撃できない。
ブロックされない8/8。強い。
ごく一部のクリーチャーしか攻撃できなくなるため、出されて対処できないとゲームが終わる。
5.0点  [M]《時の逆転/Time Reversal》
ソーサリー (3UU)
各プレイヤーは、手札と墓地をライブラリーに加えて切り直し、カードを7枚ずつ引く。これを追放する。
手札を使いきった後で唱えて、相手よりもカード・アドバンテージを稼ぐのが良さそう。
ただしリミテッドでは有効活用しにくい。
4.0点-  [C]《秘本掃き/Tome Scour》
ソーサリー (U)
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、ライブラリーの一番上から5枚のカードを墓地に置く。
ライブラリアウト戦略向けのカード。
5.0点  [R]《心の傷跡/Traumatize》
ソーサリー (3UU)
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、ライブラリーの一番上から半分(端数切り捨て)を墓地に置く。
ライブラリーにしか干渉できないので、通常のデッキには不要。
ライブラリアウトを狙えなくはないが、デッキの軸にするにはいささか不安。使うなら、ゲームを長引かせるデッキ構成を整えたい。
6.0点  [C]《送還/Unsummon》
インスタント (U)
クリーチャー1体を対象とし、手札に戻す。
青の基本スペル。
複数でブロックされたときに1つを戻して、コンバット・トリックとしても使える。
序盤から攻勢をかけるデッキとも相性は良い。
7.0点  [U]《霜の壁/Wall of Frost》
クリーチャー ― 壁 (1UU)
0/7 防衛 / これがクリーチャーをブロックするたび、そのクリーチャーはコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
優秀な壁。地上の守りはこれに任せ、空から殴ろう。
7.5点  [U]《水の召使い/Water Servant》
クリーチャー ― エレメンタル (2UU)
3/4 (U):これはEOTまで+1/-1される。 / (U):これはEOTまで-1/+1される。
能力の特性上、P/T強化との相性がすこぶる良い。
青マナがある限りタフネスを強化できるため、ダメージに強く、柔軟なクリーチャー。
うまく攻撃を通せたなら、6/1までパワーを強化できる。
基本セット2011 [M11]  【ドラフト点数表  【カード解説;



'Blinkmoth'トップへ戻る

マジック:ザ・ギャザリングのゲームに関わる事項(カード・テキストを含む)は、Wizards of the Coast社が著作権を有します。
(株)タカラトミーは、マジック:ザ・ギャザリングの日本語版販売代理店です。