基本セット2012 ドラフト点数 & コメント(白)



基本セット2012 のカードについてのコメントです。アルファベット順です。


基本セット2012 [M12]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

9.0点+  [R]《神盾の天使/Aegis Angel》
クリーチャー ― 天使 (4WW)
5/5 飛行 / これが戦場に出たとき、他のパーマネント1つを対象とする。あなたがこれをコントロールしているかぎり、その対象は破壊されない。
5/5飛行は単体でも圧巻。ダメ押しカード。
戦場に出たときに他のパーマネントを保護し、相手の形勢逆転の目を摘んでしまう。
7.0点  [U]《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》
クリーチャー ― 人間・ウィザード (1W)
2/1 (1W):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで絆魂を得る。
単体での戦闘力は脅威ではないが、他のクリーチャーに絆魂を自由につけられるので、回復するライフの量は馬鹿にならない。
戦場にあると頼もしい1枚。
8.5点  [M]《天使の運命/Angelic Destiny》
エンチャント ― オーラ (2WW)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーは+4/+4され飛行と先制攻撃を持ち、他のタイプに加えて天使でもある。 / つけられたクリーチャーが死亡したとき、これを手札に戻す。
突然、何でもないクリーチャーをフィニッシャー化させる。
クリーチャー破壊では、付ける瞬間を狙わない限り対処できないので強力。
4.0点-  [C]《天使の慈悲/Angel's Mercy》
インスタント (2WW)
7点のライフを得る。
ライフ回復では、盤面で押された状況を返せない。これを入れるくらいなら何かクリーチャーを。
7.0点  [U]《大石弓の精鋭/Arbalest Elite》
クリーチャー ― 人間・射手 (2WW)
2/3 (2W),(T):攻撃クリーチャーかブロック・クリーチャー1体を対象とする。これはそのクリーチャーに3点のダメージを与える。これは、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。
攻防に使え、立たせておけば戦闘への参加を抑制する効果がある。
使った後、再利用までのインターバルには注意。
8.5点  [R]《正義の執政官/Archon of Justice》
クリーチャー ― 執政官 (3WW)
4/4 飛行 / これが死亡したとき、パーマネント1つを対象とし追放する。
4/4飛行、軽めのフィニッシャー。ただでは死なない。
6.0点  [C]《鎧の軍馬/Armored Warhorse》
クリーチャー ― 馬 (WW)
2/3 (バニラ)
ウィニー寄りの構成なら2ターン目からの戦力。
白が濃いデッキでないと入れにくいが、タフネス3は序盤を耐える上では頼もしい。
7.0点  [C]《突撃するグリフィン/Assault Griffin》
クリーチャー ― グリフィン (3W)
3/2 飛行
白の飛行戦力の中堅どころ。
《大蜘蛛》で止まり、黒や青のパワー2飛行と相打ちを取られるとはいえ、妨害がないときのパワー3のクロックは大きい。
6.0点  [C]《オーラ術師/Auramancer》
クリーチャー ― 人間・ウィザード (2W)
2/2 これが戦場に出たとき、あなたの墓地にあるエンチャント・カード1枚を対象とする。そのカードを手札に戻してもよい。
墓地に行く機会が多いのは、各種の強化オーラと、青の《氷の牢獄》と緑の《アラクナスの蜘蛛の巣》
今回のM12は使える強化オーラが各色にあり、積極的に集めないまでもデッキに入りやすい。環境の後押しを受けて使いやすいカード。
エンチャントが2〜3枚でも取れていれば、回収が十分狙える。
回収は序盤には使いにくいため、遅めのデッキ向け。
6.0点  [C]《ベナリアの古参兵/Benalish Veteran》
クリーチャー ― 人間・兵士 (2W)
2/2 これが攻撃するたび、これはEOTまで+1/+1される。
守るには心もとないが、攻めに使うなら3マナ3/3相当で活躍する。
序盤から遠慮なく殴りに行けるアタッカーは、頼もしいダメージ源。
6.0点  [U]《天界の粛清/Celestial Purge》
インスタント (1W)
黒か赤のパーマネント1つを対象とし追放する。
相手のデッキ色次第なので、必要に応じてサイドに。
追放除去は文句なく強力な効果。余裕があればピックしておきたい。
9.0点+  [R]《審判の日/Day of Judgment》
ソーサリー (2WW)
すべてのクリーチャーを破壊する。
戦場が大きく相手有利に傾いたらリセット。その後で一気にたたみ掛けよう。
アドバンテージ差がないときには不用意に使わずに温存したほうが良い。
4.5点  [C]《啓蒙/Demystify》
インスタント (W)
エンチャント1つを対象とし破壊する。
エンチャント破壊が貴重な環境ではあるが、限定的なのでサイドで良い。
5.0点  [C]《神聖なる好意/Divine Favor》
エンチャント ― オーラ (1W)
エンチャント(クリーチャー) / これが戦場に出たとき、3点のライフを得る。 / つけられたクリーチャーは+1/+3される。
タフネスを強化して壁を作れる。相手のデッキの除去が赤中心なら頼もしいカードに早がわり。
6.0点  [U]《先兵の精鋭/Elite Vanguard》
クリーチャー ― 人間・兵士 (W)
2/1 (バニラ)
バニラだが、1ターン目に召喚可能。
序盤にクリーチャーを数並べて、全体強化してフィニッシュ…という白のプランにうってつけ。
9.0点+  [M]《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
プレインズウォーカー ― ギデオン (3WW)
[6] [+2]:対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーの次のターン中、そのプレイヤーがコントロールするクリーチャーは可能ならこれを攻撃する。 / [-2]:タップ状態のクリーチャー1体を対象とし破壊する。 / [0]:EOTまで、これは6/6の人間・兵士・クリーチャーになる。これはプレインズウォーカーでもある。このターン、彼に与えられるすべてのダメージを軽減する。
プレインズウォーカーを出すだけで、守りがぐっと堅くなる。
元々忠誠度が高いので除去されにくい。着実なプレイを心がけて優位に立とう。
クリーチャー化の際は黒の直接除去に注意。
8.0点  [R]《ギデオンの報復者/Gideon's Avenger》
クリーチャー ― 人間・兵士 (1WW)
2/2 対戦相手がコントロールするクリーチャーがタップ状態になるたび、この上に+1/+1カウンターを1個置く。
出た直後は2/2と心もとないサイズだが、そのまま放置でもよい。立たせておくだけで相手は攻撃しにくくなる。
《ギデオンの法の番人》《帝国の王冠》《霜のブレス》のタップ効果と併用して早く成長させられるならベスト。
7.5点  [C]《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》
クリーチャー ― 人間・兵士 (W)
1/1 (W),(T):クリーチャー1体を対象としタップする。
タッパー。毎ターン1マナを支払うクリーチャー除去のようなもの。
低コストのおかげでカウンターされる恐れは減ったが、タフネス1と除去耐性も薄くなった。
相手の使う《幻影のドラゴン》等の幻影クリーチャーを、マナの支払いだけで除去できる。
6.5点  [R]《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》
クリーチャー ― 人間・クレリック (WW)
2/2 あなたのターン中、対戦相手は呪文を唱えることもアーティファクトやクリーチャーやエンチャントの能力を起動することもできない。
単体でも2マナ2/2と悪くないので、白がメインならピックして構わない。
相手の行動を縛って、戦略を立てやすくするカード。
コンバット・トリックにもカウンター呪文にもビクビクすることなく、自分のターンは安心して呪文を唱え、攻撃に行けるようになる。
6.0点  [C]《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》
クリーチャー ― 人間・騎士 (1W)
1/1 あなたがグリフィン・クリーチャーをコントロールしているかぎり、これは+3/+3され飛行を持つ。
通常は1/1だが、条件を達成することで4/4飛行へと、かなりの戦力強化が見込める。
グリフィンはコモンに《突撃するグリフィン》《グリフィンの歩哨》《流浪のグリフィン》の3種。
いずれも白の飛行戦力としてデッキに入りやすいため、狙って集めてるのは割と容易。頻繁に4/4飛行になれる。
グリフィンへの除去やバウンスで、1/1に戻されるリスクがある点は警戒しておこう。
6.5点  [C]《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》
クリーチャー ― グリフィン (2W)
1/3 飛行 / 警戒
攻撃でタップしないので、ブロック時にも活躍できる点で優秀。
オーラや《大剣》等でパワーを上げると良い戦力になる。
《グリフィンの乗り手》とシナジー。
5.0点  [C]《護衛の誓約/Guardians' Pledge》
インスタント (1WW)
あなたがコントロールする白のクリーチャーは、EOTまで+2/+2される。
全体強化。クリーチャーが2〜3体でも修整値が大きいので馬鹿にならない。
白メインのデッキでないと役立たないため安く取れるが、嵌まれば強力。
7.0点  [R]《清浄の名誉/Honor of the Pure》
エンチャント (1W)
あなたがコントロールする白のクリーチャーは+1/+1される。
対応手段が限られるエンチャントだという点も含め、恒久的に働く強化は強力。
白クリーチャーが多くないと採用しにくいので注意。
4.0点-  [C]《絆魂/Lifelink》
2対1交換を取られやすいため、効果の寂しいオーラはお勧めしない。
仮に運用するならパワーの大きなクリーチャーか回避持ちのクリーチャーにつけたい。
4.5点  [R]《メサの女魔術師/Mesa Enchantress》
クリーチャー ― 人間・ドルイド (1WW)
0/2 あなたがエンチャント呪文を唱えるたび、カードを1枚引いてもよい。
デッキに入るエンチャントの数はどうしても限られてしまう。
活躍しにくいだろう。
5.5点  [C]《力強い跳躍/Mighty Leap》
インスタント (1W)
クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで+2/+2され飛行を得る。
気軽に使える回避能力付与、もしくはコンバットトリック。
8.5点  [U]《忘却の輪/Oblivion Ring》
エンチャント (2W)
これが戦場に出たとき、他の土地でないパーマネント1つを対象とし追放する。 / これが戦場を離れたとき、その追放されたカードをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
全パーマネントに対応できる万能除去。これ自身破壊されにくいので白を含むデッキなら優先して取りに行きたい。
タッチで入れるのも可。
7.5点  [C]《平和な心/Pacifism》
エンチャント ― オーラ (1W)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーは攻撃したりブロックしたりできない。
白の便利なコモン除去。墓地に送りたくないクリーチャーに優先して使おう。
《ルーン傷の悪魔》等の強力なフィニッシャーだろうと、破壊しにくい《棍棒のトロール》だろうと、お構いなく対処できる点で非常に強力。
6.5点  [C]《流浪のグリフィン/Peregrine Griffin》
クリーチャー ― グリフィン (4W)
2/4 飛行 / 先制攻撃
タフネス4の飛行クリーチャー。先制攻撃持ちはクリーチャー戦に有利。
対空の壁として有用で、コモンの飛行はこれでほぼ止まる。
5マナ圏に余裕があるなら。
《グリフィンの乗り手》とシナジーする。
4.0点-  [R]《個人的聖域/Personal Sanctuary》
エンチャント (2W)
あなたのターン中、あなたに与えられるすべてのダメージを軽減する。
自分のターンに攻められることは稀で、ただの置き物と化す可能性大。
4.5点  [C]《群れの護衛/Pride Guardian》
クリーチャー ― 猫・モンク (W)
0/3 防衛 / これがブロックするたび、3点のライフを得る。
タフネス3ブロッカー。時間しのぎにはなる。
6.5点  [U]《ロック鳥の卵/Roc Egg》
クリーチャー ― 鳥 (2W)
0/3 防衛 / これが死亡したとき、飛行を持つ白の3/3の鳥・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
飛行3/3が出てくる、悪くない壁。
《貪る大群》《投げ飛ばし》等、生け贄に捧げる手段があれば、なお使い勝手良し。
8.5点  [U]《セラの天使/Serra Angel》
クリーチャー ― 天使 (3WW)
4/4 飛行 / 警戒
有能なフィニッシャー。
攻撃した次の相手ターンに、そのままブロッカーとしても使えるため、隙ができにくい。相手クリーチャーの攻撃が通りにくくなる。
5.0点  [C]《包囲マストドン/Siege Mastodon》
クリーチャー ― 象 (4W)
3/5 (バニラ)
5マナ払って出すには地味だが、やり手。タフネス5は簡単には落ちない。
7.0点  [U]《霊魂のマントル/Spirit Mantle》
エンチャント ― オーラ (1W)
エンチャント(クリーチャー) / つけられたクリーチャーは+1/+1されプロテクション(クリーチャー)を持つ。
フィニッシャークラスでなくとも、付けば勝負が終わりかねない要注意オーラ。
タフネスが地味に上がる上、対処手段が除去スペルに限られてしまうので、リミテッドでは鬼のような強さとなる。
呪禁持ちの《聖なる狼》《ダングローブの長老》あたりに付くとほぼ無敵。もう止められない。
6.0点  [C]《歯止め/Stave Off》
インスタント (W)
クリーチャー1体を対象とする。色を1色選ぶ。そのクリーチャーはEOTまでプロテクション(その選ばれた色)を得る。
自分のクリーチャーを除去から守ったり、クリーチャーを一方的に相打ちにしたり。
クリーチャーの自他問わず、付いているオーラをはがしたり…
白マナ1つあれば色々悪さができるので、とても便利な呪文。
5.5点  [C]《石角の高官/Stonehorn Dignitary》
クリーチャー ― サイ・兵士 (3W)
1/4 これが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の次の戦闘フェイズを飛ばす。
壁クリーチャーだが、ダメージレースで競っている場面ではかなり心強い。
7.0点  [C]《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》
クリーチャー ― ペガサス (1W)
2/1 飛行
序盤から相手ライフを削っていける、軽量飛行クリーチャー。
このM12環境、中堅どころのフライヤーはパワー2があれば止まるので、中盤以降も戦力として期待できる。
8.5点  [M]《太陽のタイタン/Sun Titan》
クリーチャー ― 巨人 (4WW)
6/6 警戒 / これが戦場に出るか攻撃するたび、あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが3以下のパーマネント・カード1枚を対象とする。そのカードを戦場に戻してもよい。
タフネス6で自身も攻撃できる堂々のサイズ。
墓地から使いまわせるので、3マナ以下のパーマネントで毎ターン特攻できるようになる。
7.5点  [U]《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
ソーサリー (2W)
あなたのライフの点数がいずれかの対戦相手よりも低い場合、6点のライフを得る。あなたがコントロールしているクリーチャーの総数がいずれかの対戦相手よりも少ない場合、白の1/1の兵士・クリーチャー・トークンを3体戦場に出す。
劣勢にまわったとき限定で活躍する良カード。
破格のコストでトークンを3体生成して、体勢を立て直す足がかりを作れる。
早いデッキが相手の場合には、ついでの6点回復も刺さりやすい。
後攻の相手2ターン目に攻撃を敢えて受け、次のターンこれを唱えて大きく利を得る…という状況も度々。
基本セット2012 [M12]  【ドラフト点数表  【カード解説;



'Blinkmoth'トップへ戻る

マジック:ザ・ギャザリングのゲームに関わる事項(カード・テキストを含む)は、Wizards of the Coast社が著作権を有します。
(株)タカラトミーは、マジック:ザ・ギャザリングの日本語版販売代理店です。