ミラディン包囲戦 ドラフト点数 & コメント(赤)



ミラディン包囲戦のカードのコメントです。アルファベット順です。

ミラディン包囲戦 [MBS]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

7.0点  [C]《火膨れ杖のシャーマン/Blisterstick Shaman》
クリーチャー ― ゴブリン・シャーマン (2R)
2/1 これが戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象に1点のダメージを与える。
マナ・マイアや各色の鍛冶、序盤の感染持ちクリーチャーなど、デッキに入るタフネス1は多い。
何かを焼きながら戦場に出て、アドバンテージを稼げるので優秀。
8.0点  [C]《不純の焼き払い/Burn the Impure》
インスタント (1R)
クリーチャー1体を対象とする。これはそのクリーチャーに3点のダメージを与える。そのクリーチャーが感染を持つ場合、これはそのコントローラーに3点のダメージを与える。
安定して打てる3点火力。
軽い除去は競争が激しいので、コモンとはいえ赤を狙うなら早めに確保。
5.5点  [C]《震盪の稲妻/Concussive Bolt》
ソーサリー (3RR)
プレイヤー1人を対象とする。これはそのプレイヤーに4点のダメージを与える。 / 金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしている場合、このターン、そのプレイヤーがコントロールするクリーチャーは、クリーチャーをブロックできない。
プレイヤーへ4点。
金属術条件をクリアすれば、それに加え、クリーチャーでの一斉突撃が可能になる。
相手残りライフが10点以上あろうと、盤面次第でトドメをさす、一発逆転狙いの良エンドカード。
5.0点  [C]《圧壊/Crush》
インスタント (R)
クリーチャーでないアーティファクト1つを対象とし、破壊する。
アーティファクト・クリーチャーは相手にできないので、除去としてはいまひとつ。
なるべく、《粉砕》など、汎用性のある他の選択肢を確保したいところ。
厄介な装備品等を見かけたときのサイドカードとして投入すれば十分。
5.0点  [R]《ガルヴァノス/Galvanoth》
クリーチャー ― ビースト (3RR)
3/3 あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。そのカードがインスタント・カードかソーサリー・カードである場合、そのカードをマナ・コストを支払わずに唱えてもよい。
能力が使えたら儲けもの。運に左右されるが損はしない。
5マナにしてはサイズが小さいので、呪文が少ない場合はデッキから外そう。
X系の呪文は、この能力を使って唱えるとX=0扱いになる点に注意。
5.0点  [C]《オオアゴザウルス/Gnathosaur》
クリーチャー ― トカゲ (4RR)
5/4 アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:これはEOTまでトランプルを得る。
いざというときには突破力を持てるので、コストの重ささえ何とかすれば悪くはない。
アーティファクト生け贄のシナジーを狙う際にも役立つ。
6.5点  [U]《ゴブリンの戦煽り/Goblin Wardriver》
クリーチャー ― ゴブリン・戦士 (RR)
2/2 喊声
喊声持ちウィニー・クリーチャー。
準・赤単なら《カルドーサの再誕》等と組み合わせた速攻デッキに。
突撃すると相打ちになりやすいので、除去や強化でひと工夫したいところ。
9.0点+  [R]《ヘルカイトの点火者/Hellkite Igniter》
クリーチャー ― ドラゴン (5RR)
5/5 飛行、速攻 / (1R):これはEOTまで+X/+0される。Xは、あなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
アーティファクト数に依存したブレス能力つきドラゴン。
マナが豊富にある状況から不意に出てくる速攻持ちは脅威。
基本的な能力ながら、飛んでいて大きいだけでもリミテッドでは十分に強い。
8.0点  [M]《オキシド峠の英雄/Hero of Oxid Ridge》
クリーチャー ― 人間・騎士 (2RR)
4/2 速攻 / 喊声 / これが攻撃するたび、このターン、パワーが1以下のクリーチャーは、クリーチャーをブロックできない。
速攻、喊声の組み合わせは、相手の想定するダメージ計算をかき乱す。
2/1が立っていると撃ち取られてしまうので、うまくタイミングを計って出そう。
8.0点  [U]《核への投入/Into the Core》
インスタント (2RR)
アーティファクト2つを対象とし、追放する。
効果が2倍になって強化された《粉砕》
赤も追放除去を得て、《溶鉄の尾のマスティコア》《ワームとぐろエンジン》《ダークスティールの斧》に対処できるようになった。
相手の主力を2つ壊すと戦況ががらりと変わる。この環境、撃つ対象には困らないはず。
5.0点  [C]《コスの急使/Koth's Courier》
クリーチャー ― 人間・ならず者 (1RR)
2/3 森渡り
サイドボード。タフネスの高い感染持ちにもブロックされなくなるため、緑相手なら重宝する。
8.5点  [U]《カルドーサの炎魔/Kuldotha Flamefiend》
クリーチャー ― エレメンタル (4RR)
4/4 これが戦場に出たとき、望む数のクリーチャーやプレイヤーを対象とする。アーティファクトを1つ生け贄に捧げてもよい。そうした場合、これはそれらの対象に4点のダメージを好きなように割り振って与える。
4点を飛ばし、厄介なクリーチャーを除去して戦場に現れる。
本体も4/4あるので、プレイにより大きく戦況が変わるはず。
1対多交換も狙え、文句なく強力。
6マナでこれをプレイする頃には、生け贄用のアーティファクトは何か出ているだろう。
5.5点  [C]《カルドーサの首謀者/Kuldotha Ringleader》
クリーチャー ― 巨人・狂戦士 (4R)
4/4 喊声 / これは毎ターンに可能ならば攻撃する。
パワー4あれば、ほとんどのブロッカーを越えられる。
タフネスも高いので、安心して突撃させられよう。
4.5点  [U]《金属の熟達/Metallic Mastery》
ソーサリー (2R)
アーティファクト1つを対象とし、EOTまでそのコントロールを得る。そのアーティファクトをアンタップする。そのアーティファクトはEOTまで速攻を得る。
アーティファクト・クリーチャーを奪って奇襲したいところだが、往々にして奪いたいパーマネントが無い場合があり、使い勝手に難あり。
一応、《液鋼の塗膜》と合わせれば、どんなパーマネントでも奪えるようになる。
アーティファクトを生け贄に捧げるカードとシナジーさせ、使い終わったら処分してしまおう。
6.0点  [C]《オーガの抵抗者/Ogre Resister》
クリーチャー ― オーガ (2RR)
4/3 (バニラ)
4マナ相応。バニラながら、タフネス4のブロッカーを越えられるのが嬉しい。
高いパワーはそれだけで戦力になる。
4.5点  [C]《軍団の結集/Rally the Forces》
インスタント (2R)
攻撃クリーチャーはEOTまで+1/+0され先制攻撃を得る。
クリーチャーの戦闘を一方的なものにするコンバットトリック。
9.0点+  [R]《赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenith》
ソーサリー (XR)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象にX点のダメージを与える。このターン、これによりダメージを与えられたクリーチャーが墓地に置かれる場合、代わりにそのクリーチャーを追放する。これをライブラリーに加えて切り直す。
使うとライブラリに戻るX火力。使い勝手の良い除去 兼 フィニッシャー。
再利用の見込みもあるので、序盤小さなXでも惜しみなく使って行きたい。
墓地誘発を気にせずに使え、マナをつぎ込めば威力をどこまでも上げられる。
8.5点  [R]《金屑の嵐/Slagstorm》
ソーサリー (1RR)
以下の2つから1つを選ぶ。「これは各クリーチャーに3点ずつのダメージを与える」「これは各プレイヤーに3点ずつのダメージを与える」
全体火力。3点ダメージの影響は大きく、ゲーム中盤までに出てくるアタッカーは、これ1枚で一掃される。
タフネス4は、他の1点除去と組み合わせて対処しよう。
プレイヤーへの最後の一押しの火力としても使えるので、汎用的に使え強力。
4.5点  [U]《らせんの決闘者/Spiraling Duelist》
クリーチャー ― 人間・狂戦士 (2RR)
3/1 金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、これは二段攻撃を持つ。
二段攻撃は有用。タフネス1の脆さを何とかしたい。
金属術デッキ維持、そして強化、2つの条件をクリアできるデッキでないと活躍は難しい。
ミラディン包囲戦 [MBS]  【ドラフト点数表  【カード解説;



'Blinkmoth'トップへ戻る

マジック:ザ・ギャザリングのゲームに関わる事項 (カード・テキストを含む)は、 Wizards of the Coast社が著作権を有します。
(株)タカラトミーは、マジック:ザ・ギャザリングの 日本語版販売代理店です。