ミラディンの傷跡 ドラフト点数 & コメント(その他)



ミラディンの傷跡のカードについてのコメントです。
原則アルファベット順ですが、土地 は最後にまとめています。
カードのデータベースは、Wisdom Guild 様のサイトで公開されたものを元に作成しました。


ミラディンの傷跡 [SOM]  【ドラフト点数表  【カード解説;
カードの表示設定(一斉) : カード詳細 / カード名のみ
show / hide のクリックで、個々のカードの詳細の 表示/非表示 が切り替わります。

6.0点  [C]《調和者隊の盾/Accorder's Shield》
アーティファクト ― 装備品 (0)
装備したクリーチャーは+0/+3され警戒を持つ。 / 装備(3)
他の装備品と比べ、効果としては今ひとつだが、打たれ弱い感染持ちクリーチャー等に装備させ、タフネスを上げ攻防に使える点はなかなか。
また(0)マナで戦場に出るため、とりあえず場に出しておこう。金属術シナジーを序盤早くに得るために。
8.0点  [R]《アージェンタムの鎧/Argentum Armor》
アーティファクト ― 装備品 (6)
装備したクリーチャーは+6/+6される。 / 装備したクリーチャーが攻撃するたび、パーマネント1つを対象とし、破壊する。 / 装備(6)
前エルドラージ覚醒ブロックの滅殺と違い、こちらで指定したブロッカーをも排除できる。
マナコストも装備コストも重いが、装備すれば、どんなクリーチャーもフィニッシャーに。
装備に対応してクリーチャーを破壊したり、これ自身を破壊したりと対処法は豊富にあるが、対処されなければ効果は推して知るべし。
6.0点  [C]《オーリオックの模造品/Auriok Replica》
アーティファクト・クリーチャー ― クレリック (3)
2/2 (W),これを生け贄に捧げる:このターン、あなたが選んだ発生源1つがあなたに与えるすべてのダメージを軽減する。
感染持ちからダメージを受ける場合、軽減能力はそれなりに有効。
といっても1回限りなので、他の色の模造品と比べるとやや控えめな能力に見える。
7.0点  [U]《逆刺の戦具/Barbed Battlegear》
アーティファクト ― 装備品 (3)
装備したクリーチャーは+4/-1される。 / 装備(2)
パワー修正の装備品としては一級クラス。火力に弱くなるのはご愛嬌か。
フライヤーにつけて殴るだけでも良い。
毒デッキで使うなら、タフネス2以上の感染持ちを意識して取っておこう。
自分の 《危険なマイア》 や、《屍百足》 に装備させ、間接的に除去する使い方も。
6.5点  [C]《刃の翼/Bladed Pinions》
アーティファクト ― 装備品 (2)
装備したクリーチャーは飛行と先制攻撃を持つ。 / 装備(2)
装備コストが(2)かかるが、回避能力を与えるので強力。
ミラディンの傷跡環境の飛行クリーチャーは2/2が多いので、パワーが最低2あれば攻撃が通る。
また、飛行も先制攻撃も、感染クリーチャーとの相性が良い。元々回避能力が少ない毒デッキならば、このカードを上手く活かせるだろう。
8.5点  [R]《キマイラ的大群/Chimeric Mass》
アーティファクト (X)
これは蓄積カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。 / (1):EOTまで、これは「このクリーチャーのパワーとタフネスは、それぞれこの上に置かれている蓄積カウンターの数に等しい」の能力を持つ構築物・アーティファクト・クリーチャーになる。
序盤に出せば金属術の補助に、後半ならフィニッシャー相応のサイズになれる。
ゲーム中どのタイミングでも出せ、必要なときに(1)マナでクリーチャー化する自由度がウリ。
ちなみに、増殖により一回り大きくなれるし、《粗石の魔道士》 で探して来ることもできる。
7.0点  [C]《金属の駿馬/Chrome Steed》
アーティファクト・クリーチャー ― 馬 (4)
2/2 金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、これは+2/+2される。
これ自身がアーティファクトなので、他に2つアーティファクトが出ていればパワーアップ。
条件は割とゆるいので、戦場が整っていれば4マナ4/4相応。まあまあ。
白や青系統のデッキなら主軸にもなりうる。
6.0点  [U]《クローンの殻/Clone Shell》
アーティファクト・クリーチャー ― 多相の戦士 (5)
2/2 刻印 ― これが戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを見て、1枚を裏向きに追放し、その残りをライブラリーの一番下に望む順番で置く。 / これが戦場から墓地に置かれたとき、その追放されたカードを表向きにする。そのカードがクリーチャー・カードである場合、そのカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。
2/2を戦場に残し、墓地に行ってもタダでクリーチャーを唱えられると思えば5マナは安いもの。
これが立っているだけで、相手は攻撃しづらい。
賭けの要素が強く、クリーチャーを引けなかったら残念。そのときも相手へブラフを張る余地があるのは救いか。
8.5点  [U]《伝染病の留め金/Contagion Clasp》
アーティファクト (2)
これが戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とし、その上に-1/-1カウンターを1個置く。 / (4),(T):増殖を行う。
(2)マナでタフネス1を除去。金属術のお供にも使える軽さ。
単体で使っても有り難味は薄いが、戦場に出ていることで毎ターン手軽に増殖を起こせるのが魅力。
増殖を大いに利用できるようなデッキ構成を狙いたい。
感染持ちとの併用による毒殺狙いや、各種三角護符の使用回数増加を見込める。
9.0点+  [R]《伝染病エンジン/Contagion Engine》
アーティファクト (6)
これが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールする各クリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個ずつ置く。 / (4),(T):増殖を行い、再び増殖を行う。
相手クリーチャー全体を弱体化し、少し時間をかけて除去する。クリーチャーが硬直した状態であれば例外なく、こちらに有利な状況を作れる。
《伝染病の留め金》とは違い、どんなデッキでも単体で仕事をする。増殖スピードも早いので、活かせるデッキならばさらに良し。
7.0点  [C]《銅のマイア/Copper Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 (T):(G)を加える。
マナ・マイアの緑バージョン。金属術の材料として貢献する。
色の融通を利かせるのにも、マナ加速にも役立つ。
自分のデッキの色と合わずともマナは出せるので、見かけたら優先して取って構わない。
7.0点  [C]《死体の野犬/Corpse Cur》
アーティファクト・クリーチャー ― 猟犬 (4)
2/2 感染 / これが戦場に出たとき、あなたの墓地にある感染を持つクリーチャー・カード1枚を対象とし、手札に戻してもよい。
色を問わず使えるが、特に黒・緑系の毒デッキでは、回収で感染持ちを再利用できるのがありがたい。
6.0点  [U]《選別の高座/Culling Dais》
アーティファクト (2)
(T),クリーチャーを1体生け贄に捧げる:この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (1),これを生け贄に捧げる:この上に置かれていた蓄積カウンター1個につきカードを1枚引く。
クリーチャーの破壊に対応して少しずつカウンターを貯めておけば、一気にドローで巻きかえせるかも。
(2)マナで出せるので、とりあえず金属術のソースとするのも悪くなさそう。
2番目の能力はタップ不要。カウンターが貯まってきたら、破壊に備えて(1)マナ残したプレイをすると安心。
8.5点  [U]《ダークスティールの斧/Darksteel Axe》
アーティファクト ― 装備品 (1)
これは破壊されない。 / 装備したクリーチャーは+2/+0される。 / 装備(2)
何より手軽に強化できる点が良い。軽さも相まって、置いておくだけでも金属術の補助になる。
パワー強化は、回避能力持ちや感染持ちに付くと勝負が決まる。
アーティファクト破壊も気にしなくて良く、頼れる装備品。
8.0点  [R]《ダークスティールの巨大戦車/Darksteel Juggernaut》
アーティファクト・クリーチャー ― 巨大戦車 (5)
*/* これのパワーとタフネスは、それぞれあなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。 これは破壊されず、可能なら毎ターン攻撃する。
継続的にアーティファクトを壊すカードは環境に少ないので、デッキをアーティファクトで固めればどんどん大きくなる。無双の活躍が期待できる。
相手が、《荒廃のマンバ》 等の感染持ちを抱えていると少し厄介だが…それはそれ。
5.5点  [U]《ダークスティールのマイア/Darksteel Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (3)
0/1 これは破壊されない。
感染を持たない地上クリーチャーに対して、堅固なブロッカーとなる。
パワーがないので単体では戦力にならないが、お手軽な「破壊されない」能力を活かし、装備品で強化すれば攻めにも使える。
金属術を安定させる効果も期待。
7.0点  [U]《ダークスティールの歩哨/Darksteel Sentinel》
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム (6)
3/3 瞬速 / 警戒 / これは破壊されない。
破壊されないクリーチャーは厄介。
感染クリーチャーで対策されても、最低限の強さは持っている。
瞬速を利用しての奇襲ブロックや、警戒により防御を気にせず攻撃できるのも良し。
4.5点  [C]《こだまの飾り輪/Echo Circlet》
アーティファクト ― 装備品 (2)
装備したクリーチャーは、さらに1体のクリーチャーをブロックできる。 / 装備(1)
一応、金属術の種にはなるが… 攻撃的なデッキにはあまり嬉しくない。
接死持ちにつけると防御が心強くなるかと思いきや、残念、いまは《苦痛鍛冶》くらいしか接死と縁がない環境。
7.5点  [R]《刻まれた勇者/Etched Champion》
アーティファクト・クリーチャー ― 兵士 (3)
2/2 金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、これはプロテクション(すべての色)を持つ。
これの他に2つアーティファクトをコントロールしていれば、除去耐性が跳ね上がる。それまで手札に温存すると良さそうだが…
無色のアーティファクト・クリーチャーも環境に多いので、難なくブロックされるだろう。単体では決め手にはなりにくい。
温存した後、装備品等で強化して使うのが良さそうだ。
5.5点  [C]《飛行の呪文爆弾/Flight Spellbomb》
アーティファクト (1)
(T),これを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで飛行を得る。 / これが戦場から墓地に置かれたとき、(U)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
序盤は金属術の達成に貢献し、これが要らなくなった後半、隙をみて回避能力を付与する。悪くない。
呪文爆弾全てについていえるが、別に青のデッキでなくとも取ってかまわない。
7.0点  [C]《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》
アーティファクト (2)
他のアーティファクトがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、これはEOTまで飛行を持つ2/2の鳥・アーティファクト・クリーチャーになることにしてもよい。 / (W):これは、EOTまで飛行を持つ2/2の鳥・アーティファクト・クリーチャーになる。
白デッキでなくともアーティファクトが多いこの環境ではクリーチャー化には困らないが、(白)マナがあればブロックにも使えるので若干有利。
装備品を使う際は毎ターン装備しなおす必要があるが、インスタントでないクリーチャー除去を無効にできるという利点もある。
7.0点  [C]《金のマイア/Gold Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 (T):(W)を加える。
マナ・マイアの白バージョン。金属術の材料として貢献する。
色の融通を利かせたり、マナ加速に役立つので、優先して取りたい。
4.5点  [C]《黄金の甕/Golden Urn》
アーティファクト (1)
あなたのアップキープの開始時に、この上に蓄積カウンターを1個置いてもよい。 / (T),これを生け贄に捧げる:あなたはこの上に置かれていた蓄積カウンターの数に等しい点数のライフを得る。
(1)マナと軽いので、金属術シナジーのために入れてもよいか。
5〜6点の回復は見込めるが、効果は微々たるもの。回復をアテにするなら他のカードを。
7.5点  [U]《ゴーレムの職工/Golem Artisan》
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム (5)
3/3 (2):アーティファクト・クリーチャー1体を対象とし、EOTまで+1/+1する。 / (2):アーティファクト・クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーはEOTまで、飛行かトランプルか速攻のうちあなたが選んだ1つを得る。
環境に充満しているアーティファクト・クリーチャーをたくさん集めよう。(2)マナの強化能力が縦横無尽に活躍するはず。
特に複数クリーチャーへの飛行付与は、ゲームの決め手となりうる。
《液鋼の塗膜》 と組み合わせると、能力を使える対象がさらに広がって便利。
5.5点  [C]《ゴーレムの鋳造所/Golem Foundry》
アーティファクト (3)
あなたがアーティファクト呪文を唱えるたび、この上に蓄積カウンターを1個置いてもよい。 / この上から蓄積カウンターを3個取り除く:無色の3/3のゴーレム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
マナ相応の強さ。やや悠長だが、デッキのアーティファクト率が高ければ、苦もなく1〜2回は起動できよう。
増殖ともシナジーする。
4.5点  [U]《ゴーレムの心臓/Golem's Heart》
アーティファクト (2)
プレイヤーがアーティファクト呪文を唱えるたび、あなたは1点のライフを得てもよい。
このミラディンの傷跡環境では、デッキの多くはアーティファクトだらけ。序盤に出せればかなりのライフを稼げるだろう。
金属術シナジーもあるので、メイン投入も悪くないかも?
ただし所詮は時間稼ぎ。終盤でこれを引くと目も当てられない。
7.0点  [U]《生体融合外骨格/Grafted Exoskeleton》
アーティファクト ― 装備品 (4)
装備したクリーチャーは+2/+2され感染を持つ。 / これがパーマネントからはずれるたび、そのパーマネントを生け贄に捧げる。 / 装備(2)
コストはかかるが、感染に加え、強化もできるので強い。
ただし、これが破壊されるとクリーチャーも道連れになるので注意。
毒デッキなら言うに及ばず、そうでなくとも、これ単体で毒殺を狙える。
戦場に残っている限りは繰り返し使えるので、回避能力持ちにつけるなど工夫しよう。
5.5点  [R]《研磨時計/Grindclock》
アーティファクト (2)
(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (T):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーの一番上からX枚のカードをそのプレイヤーの墓地に置く。Xはこの上に置かれている蓄積カウンターの数に等しい。
カウンターを置いたターンは削れず、もどかしい。かなり悠長なライブラリ破壊カード。
ライブラリーアウトを狙うカードは環境に少ないので、主軸はできない。
ただ戦場をうまく硬直させることができれば、第2の勝ち手段として有用か?
一応、増殖とシナジーはする。
7.0点  [U]《大石弓/Heavy Arbalest》
アーティファクト ― 装備品 (3)
装備したクリーチャーは、そのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。 / 装備したクリーチャーは「(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはその対象に2点のダメージを与える」の能力を持つ。 / 装備(4)
(4)マナで装備を付け替えてタップして、2点ダメージ。
装備コストは重いが、それでも色を選ばず使える除去として脅威だ。
青なら、《ソリトン》 と組ませると良い。
感染持ちに装備させることで、本体に直接、毒カウンターを2個送り込めるので、毒デッキとも相性良し。
6.0点  [C]《地平線の呪文爆弾/Horizon Spellbomb》
アーティファクト (1)
(2),(T),これを生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、公開して手札に加える。ライブラリーを切り直す。 / これが戦場から墓地に置かれたとき、(G)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
色マナ安定用のアーティファクト。能力の性質上、金属術のお供にはなりにくいか。
デッキが3色以上なら、緑でなくとも念のため取りたいところ。
6.5点  [C]《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 感染 / これがブロックされた状態になるたび、これはEOTまで+2/+2される。
ブロックされにくいため、攻撃を通して毒カウンターを与えるのには重宝する。
ブロックされれば-3/-3以上の弱体化。どちらに転んでも仕事をする。装備品で強化すればなお良し。
7.0点  [U]《浸透のレンズ/Infiltration Lens》
アーティファクト ― 装備品 (1)
装備したクリーチャーがクリーチャーにブロックされるたび、カードを2枚引いてもよい。 / 装備(1)
タフネスが高いクリーチャーにつけたい。出すと相手が攻撃しづらくなる。
装備コストが(1)マナと軽いのが魅力。相手に2択を迫り、ブロックされにくくする装備。
感染持ちや、パワーの高いクリーチャーで特攻するときにつけよう。
7.0点  [C]《鉄のマイア/Iron Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 (T):(R)を加える。
マナ・マイアの赤バージョン。金属術の材料として貢献する。
色の融通を利かせたり、マナ加速したりと役立つので、優先して取りたい。
6.5点  [R]《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物 (5)
3/5 (T),アーティファクトを3つ生け贄に捧げる:あなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、戦場に出す。ライブラリーを切り直す。
デッキにある爆弾アーティファクトを呼び込みたいときに。
序盤は各種のマイアなど金属術とともに用意した軽いアーティファクトを並べ、それらが要らなくなった頃、生け贄にして起動するのが良いか。3/5のサイズもなかなかに固い。
《マイア鍛冶》 なども良い相棒になる。
7.0点  [C]《鉛のマイア/Leaden Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 (T):(B)を加える。
マナ・マイアの黒バージョン。金属術の材料として貢献する。
色の融通を利かせたり、マナ加速をしたりと役立つので、優先して取りたい。
6.0点  [U]《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》
アーティファクト (2)
(T):パーマネント1つを対象とする。EOTまで、そのパーマネントは他のタイプに加えてアーティファクトになる。
土地をアーティファクト化するなどして、金属術の達成の補助に。
《テル=ジラードの堕ちたる者》 等プロテクションとのシナジーも利用できる。
また、アーティファクト破壊呪文でただのクリーチャーを倒せるようにもなる。
単体ではあまり意味がないカードだが、上記シナジーが期待できるデッキならば入れてよい。
8.0点  [R]《活線の鞭/Livewire Lash》
アーティファクト ― 装備品 (2)
装備したクリーチャーは+2/+0され「このクリーチャーが呪文の対象になるたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはその対象に2点のダメージを与える」の能力を持つ。 / 装備(2)
手軽なパワー強化。除去耐性はそんなに上がらないので注意。
《荒々しき力》など、装備したクリーチャーに強化呪文を使うとついでに2点ダメージを飛ばせる。ちょっとだけお得。
9.0点+  [M]《光明の大砲/Lux Cannon》
アーティファクト (4)
(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (T),この上から蓄積カウンターを3個取り除く:パーマネント1つを対象とし、破壊する。
カウンターが貯まるまでは悠長だが、クリーチャーに限らずプレインズウォーカーだろうとエンチャントだろうと、厄介なものを除去できるカード。
色を問わないので、除去の薄いデッキにはありがたい。
6.5点  [U]《メムナイト/Memnite》
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物 (0)
1/1 (バニラ)
1/1としての活躍は期待できないが、コストが(0)マナなのがきわめて有用。
基本は金属術のための撒き餌として使われ、早く金属術の条件をクリアするためにデッキに投入する。
うまく集められれば、理論上は1ターン目からでも金属術の恩恵にあずかれる。
9.0点+  [R]《ミミックの大桶/Mimic Vat》
アーティファクト (3)
刻印 ― トークンでないクリーチャーが戦場から墓地に置かれるたび、そのカードを追放してもよい。そうした場合、これにより追放された他の各カードをオーナーの墓地に戻す。 / (3),(T):その追放されたカードのコピーであるトークンを1体戦場に出す。そのトークンは速攻を得る。次の終了ステップの開始時にそのトークンを追放する。
墓地に送られた最新のカードを1枚覚えておき、(3)マナで、そのコピーを1つ作る能力。(ただしコピーは1ターンで消滅)
相手のクリーチャーだろうとコピーできる点で優れたカード。
何をいつ除去するかという選択肢が悩ましくなり、試合も面白くなるが、上手く使えるかどうかには天運もからむ。
8.0点  [M]《精神隷属器/Mindslaver》
伝説のアーティファクト (6)
(4),(T),これを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの次のターンをコントロールする。
相手と、盤面の状況しだい。(10)マナあれば相手の不意もつけるが……
呪文を空撃ちしたり、クリーチャーを自爆突撃させたり、マナをフルタップしたり。
ただし、これを唱える頃には相手も手札を使いきっていることも多いので、ターンを得ても選択のしようがなく、何もできないこともままある。
9.0点+  [M]《溶鉄の尾のマスティコア/Molten-Tail Masticore》
アーティファクト・クリーチャー ― マスティコア (4)
4/4 あなたのアップキープの開始時に、あなたがカードを1枚捨てないかぎり、これを生け贄に捧げる。 / (4),あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを1枚追放する:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象に4点のダメージを与える。 / (2):これを再生する。
文句なく強い。再生により除去が困難。
墓地にカードがある限り、プレイヤーにも飛ばせる4点ダメージが来る。
しかも、維持のためとはいえアップキープに1枚捨てるので、墓地対策されないかぎりは毎ターン能力を使い続けられる。シナジーがカード内で完結しており隙がない。
《拘引》 といい 《存在の破棄》 といい、白の除去は天敵。
6.5点  [C]《モリオックの模造品/Moriok Replica》
アーティファクト・クリーチャー ― 戦士 (3)
2/2 (1B),これを生け贄に捧げる:あなたはカードを2枚引き、2点のライフを失う。
能力起動でカード・アドバンテージを取れるので、使えるカード。黒をやるなら取ってよい。
7.0点  [M]《オパールのモックス/Mox Opal》
伝説のアーティファクト (0)
金属術 ― (T):好きな色1色のマナ1点を加える。この能力は、あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしている場合にのみ起動できる。
(0)マナなので、他になにか2つアーティファクトを出せば、序盤から金属術シナジーが達成できる。
出してまもなくマナ加速として機能するようになるので、とりあえずでも取って良い。
神話レアなのでそうそうないことだが、「伝説の」特殊タイプのため2枚置けない点は注意。
9.0点+  [R]《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア・構築物 (7)
4/7 これが戦場に出たとき、無色の1/1のマイア・アーティファクト・クリーチャー・トークンを4体戦場に出す。 / これが攻撃するたび、あなたがコントロールするアンタップ状態のマイアをX体タップしてもよい。そうした場合、これはEOTまで+X/+0され、防御プレイヤーにX点のダメージを与える。
X=4までを保障できるトークンが付いてくる。
4/7なので攻撃がしやすく、マイアで固めたデッキなら割と早いターンで出せそう。
狙えそうなら、《マイアの感電者》 等とともに、マイア・シナジーを意識してもよさそう。
7.0点  [U]《マイアの感電者/Myr Galvanizer》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (3)
2/2 あなたがコントロールする他のマイア・クリーチャーは+1/+1される。 / (1),(T):あなたがコントロールする他の各マイアをアンタップする。
マイアのロード的存在。
マイアは、5種のマナ・マイアを含め、環境に計12種いるので、早めに確保しておくのも手。
ただしマイアは元のサイズが小さいものがほとんどで、これが1枚だけあっても大差ない。
7.5点  [R]《マイアの繁殖者/Myr Propagator》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (3)
1/1 (3),(T):これのコピーであるトークンを1体戦場に出す。
自己増殖するマイア。繁殖しだすと全てを絶つまで止まらない。
1/1なので単体では使いにくいが、アーティファクトやクリーチャーを生け贄にする赤・黒と好相性。
ある程度数が増えたら、強力な装備品を装備させ特攻させるだけでも良し。
6.5点  [R]《マイアの貯蔵庫/Myr Reservoir》
アーティファクト (3)
(T):(2)を加える。このマナは、マイア呪文を唱えるためか、マイアの能力を起動するためにのみ支払える。 / (3),(T):あなたの墓地にあるマイア・カード1枚を対象とし、手札に戻す。
毎ターン、マイアを回収できる可能性を秘める。
強さは取れたほかのマイア次第で変化する。要注意カード。
5.5点  [C]《屍気の香炉/Necrogen Censer》
アーティファクト (3)
これは蓄積カウンターが2個置かれた状態で戦場に出る。 / (T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは2点のライフを失う。
増殖などで増やさなければ、単なる4点ルーズ。
盤面にも全く影響しないので、3マナにしてはちょっと寂しい効果か。
上手くデッキを組んで、使いまわそう。
7.5点  [U]《屍百足/Necropede》
アーティファクト・クリーチャー ― 昆虫 (2)
1/1 感染 / これが戦場から墓地に置かれたとき、クリーチャー1体を対象とする。そのクリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置いてもよい。
死ぬと-1/-1カウンターの置き土産を残すので、相手に除去やブロックを躊躇させる。
つまり感染持ちのクリーチャーとしては「やりおる」カード。
しかも(2)マナと軽く、金属術系デッキの補助ブロッカーとしても役立つ高性能。
5.5点  [C]《ニューロックの模造品/Neurok Replica》
アーティファクト・クリーチャー ― ウィザード (3)
1/4 (1U),これを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とし、手札に戻す。
1/4と固いので、長く場に残りやすい。相当の時間稼ぎになる。
チャンプブロックして、大型クリーチャーを戻してテンポを稼げたならば御の字。
5.5点  [C]《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
アーティファクト (1)
(T),これを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とし、そのプレイヤーの墓地にあるすべてのカードを追放する。 / これが戦場から墓地に置かれたとき、(B)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
墓地対策。金属術シナジーを持たせたい黒入りのデッキならば、難なく入るだろう。黒でなければサイド候補。
固め取りされた 《死体の野犬》 や、《溶鉄の尾のマスティコア》 等の対策に。
8.5点  [R]《屍賊の死のマント/Nim Deathmantle》
アーティファクト ― 装備品 (2)
装備したクリーチャーは+2/+2され威嚇を持ち、黒のゾンビである。 / トークンでないクリーチャーが1体戦場からあなたの墓地に置かれるたび、(4)を支払ってもよい。そうした場合、そのカードを戦場に戻し、これをそのカードにつける。 / 装備(4)
黒クリーチャーや、アーティファクト・クリーチャーにはブロックされうるとはいえ、威嚇がクセモノ。
凶悪な装備品の1つ。自動で装備されるので、重めの装備コストもそこまで気にならない。
6.5点  [C]《起源の呪文爆弾/Origin Spellbomb》
アーティファクト (1)
(1),(T),これを生け贄に捧げる:無色の1/1のマイア・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。 / これが戦場から墓地に置かれるたび、(W)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
金属術のエサにはもってこい。なるべく白デッキで使いたい。
戦場のアーティファクトの総数は減らないため、気軽に起動できるのがミソ。
7.5点  [U]《パラジウムのマイア/Palladium Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (3)
2/2 (T):(2)を加える。
単純な加速だが、相手よりも(2)マナ先に行けるのは大きく有利。
6.0点  [C]《恐慌の呪文爆弾/Panic Spellbomb》
アーティファクト (1)
(T),これを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。このターン、そのクリーチャーはクリーチャーをブロックできない。 / これが戦場から墓地に置かれたとき、(R)を支払ってもよい。そうした場合、カードを1枚引く。
序盤でドローに変えるか、最後まで残すか。
ブロッカーを1体無効化して攻撃を通すのに使えるので、相手からすれば終盤が近づくにつれ鬱陶しくなるカード。
7.5点  [C]《危険なマイア/Perilous Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 これが戦場から墓地に置かれたとき、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはその対象に2点のダメージを与える。
墓地に行くときにダメージ2点を飛ばすので、1対2交換を狙える。1、2を争う良コモン。
クリーチャーやアーティファクトを能動的に生け贄に捧げる手段があるなら、除去として機能する。
8.5点  [M]《白金の帝像/Platinum Emperion》
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム (8)
8/8 あなたのライフの総量は変化しない。
場に出ているとライフでは負けなくなる。8マナ相応に強力。
使うなら(8)マナが出せる工夫を。
ただし、感染クリーチャーに回避能力を持たせて攻めてくる毒デッキには注意。
ダメージでの破壊は困難だが、アーティファクト破壊はそのまま効く。
《白金の天使》 とは違い、これが除去されても即座に死ぬことはない。その点は安心して使える。
9.0点+  [R]《先駆のゴーレム/Precursor Golem》
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム (5)
3/3 これが戦場に出たとき、無色の3/3のゴーレム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。 / プレイヤーが、ゴーレム1体のみを対象とするインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、そのプレイヤーはその呪文を、その呪文が対象にできる他の各ゴーレム1体につき1回ずつコピーする。それぞれのコピーは、それらのゴーレムのうち別々のものを対象とする。
唱えると3/3が3体。マナ効率はきわめて良い。
ただし、ゴーレムが一蓮托生となり、強化効果も、除去の効果も、他のゴーレムに波及する。使う際には、特に、相手のアーティファクト除去呪文には注意が必要だ。
環境には使えるゴーレムが数多く揃っている。
アンコモンに、《ダークスティールの歩哨》《ゴーレムの職工》《錆びた秘宝》、コモンに《剣爪のゴーレム》《ゴーレムの鋳造所》から出てくるトークンがある。
7.5点  [R]《試作品の扉/Prototype Portal》
アーティファクト (4)
刻印 ― これが戦場に出たとき、手札にあるアーティファクト・カード1枚を追放してもよい。 / (X),(T):その追放されたカードのコピーであるトークンを1つ戦場に出す。Xはそのカードの点数で見たマナ・コストに等しい。
選んだアーティファクト1つを複製して出せるようになる扉。
普通のカードでも、3回複製できれば十分アドバンテージを稼げる。
強力なカードを刻印するなり、複数出ると相乗効果を呼ぶ《マイアの感電者》を刻印するなり、デッキの他のカード次第で強さは化けそう。
8.0点  [R]《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
アーティファクト (2)
(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (T),これを生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがこの上に置かれていた蓄積カウンターに等しい土地でない各パーマネントを破壊する。
アドバンテージを取れる任意のタイミングで起動できるのが魅力。複数除去は頼もしい。
クリーチャーのみならず、エンチャントやプレインズウォーカーをも破壊できる。
ただし、自分のパーマネントにも影響するので注意を要する。
4.5点  [C]《剃刀ヶ原の打つもの/Razorfield Thresher》
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物 (7)
6/4 (バニラ)
大型クリーチャー。この環境ではやや不遇である。
金属術のタネに使うには重すぎ、マナ加速から出すにしてもパッとしない。
7.5点  [U]《錆ダニ/Rust Tick》
アーティファクト・クリーチャー ― 昆虫 (3)
1/3 あなたのアンタップ・ステップにこれをアンタップしないことにしてもよい。 / (1),(T):アーティファクト1つを対象とし、タップする。そのアーティファクトはこれがタップ状態であり続けるかぎり、コントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない。
戦場に出ている間、相手のアーティファクトの起動や攻撃を封じることができる。
クリーチャーなので除去されやすいのが玉に瑕。
7.5点  [U]《錆びた秘宝/Rusted Relic》
アーティファクト (4)
金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、これは5/5のゴーレム・アーティファクト・クリーチャーである。
ほかに2つアーティファクトがあれば、4マナ5/5。
火力でこれを除去するには 《金屑化》 くらいしか手がなく、なかなかのコスト・パフォーマンスを誇る。
6.0点  [C]《剣爪のゴーレム/Saberclaw Golem》
アーティファクト・クリーチャー ― ゴーレム (5)
4/2 (R):これはEOTまで先制攻撃を得る。
先制攻撃が付けばクリーチャー戦で有利。赤のクリーチャーの中では、なかなかのやり手。
4.5点  [R]《類似の金床/Semblance Anvil》
アーティファクト (3)
刻印 ― これが戦場に出たとき、手札にある土地でないカードを1枚追放してもよい。 / あなたがその追放されたカードと共通のカード・タイプを持つ呪文を唱えるためのコストは(2)少なくなる。
アーティファクトを追放することが多いだろうか。うまくアーティファクト・クリーチャーを追放すれば、アーティファクトもクリーチャーもいずれも(2)マナ少ないコストで唱えることができる。
フィニッシャーを早く出したいなら採用しよう。
ただし手札を1枚犠牲にしなければならないのが泣きどころ。ドローエンジンが欲しい。
7.0点  [C]《銀のマイア/Silver Myr》
アーティファクト・クリーチャー ― マイア (2)
1/1 (T):(U)を加える。
マナ・マイアの青バージョン。金属術の材料として貢献する。
色の融通を利かせたり、マナ加速したりと役立つので、優先して取りたい。
6.5点  [C]《嵌め乗りの滑空者/Snapsail Glider》
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物 (3)
2/2 金属術 ― あなたが3つ以上のアーティファクトをコントロールしているかぎり、これは飛行を持つ。
金属術シナジーを意識したデッキなら、ゲームが進めばそのうち3マナ2/2飛行に。
飛行を持てば十分に活躍する。
5.5点  [C]《ソリトン/Soliton》
アーティファクト・クリーチャー ― 構築物 (5)
3/4 (U):これをアンタップする。
5マナにしては、サイズ的に少し物足りないか。しかしタフネス4は頼もしく、攻防に活躍できる。
9.0点+  [R]《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
アーティファクト・クリーチャー ― ドラゴン (6)
5/5 飛行 / (2):これはEOTまで+1/+0される。 / (X):このターン、これに戦闘ダメージを与えられたプレイヤーがコントロールする点数で見たマナ・コストがXの土地でない各パーマネントを破壊する。この能力は、毎ターン1回のみ起動できる。
ブレス能力に加え、パーマネント破壊能力が付いたドラゴン。
攻撃がプレイヤーに通りだしたら手が付けられない。
8.5点  [R]《地層の鎌/Strata Scythe》
アーティファクト ― 装備品 (3)
刻印 ― これが戦場に出たとき、あなたのライブラリーから土地カードを1枚探し、追放し、ライブラリーを切り直す。 / 装備したクリーチャーは、その追放されたカードと同じ名前を持つ戦場にある土地1つにつき+1/+1される。 / 装備(3)
色を寄せられるなら寄せておこう。
装備クリーチャーが破壊されようとも、つけ直すだけで再利用できるため強力な強化。
修正値が大きいので、回避能力持ちにつければそれだけでゲームが終わりかねない。
6.0点  [C]《闊歩するものの装具/Strider Harness》
アーティファクト ― 装備品 (3)
装備したクリーチャーは+1/+1され速攻を持つ。 / 装備(1)
強化に加えて速攻を付加。感染クリーチャーに付けての不意討ち毒殺狙いにも効果的。
装備コストが(1)マナと軽いのも魅力。
9.0点+  [M]《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
アーティファクト ― 装備品 (3)
装備したクリーチャーは+2/+2されプロテクション(緑)とプロテクション(青)を持つ。 / 装備したクリーチャーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたは緑の2/2の狼・クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から10枚のカードを墓地に置く。 / 装備(2)
凶悪な装備品その2。
赤や白にもアーティファクト対策はあり、効果はそんなに派手ではないとはいえ、対処できないと厳しい。
ライブラリ10枚削りは厳しい。3回は通せない。
7.0点  [C]《シルヴォクの生命杖/Sylvok Lifestaff》
アーティファクト ― 装備品 (1)
装備したクリーチャーは+1/+0される。 / 装備したクリーチャーが墓地に置かれるたび、あなたは3点のライフを得る。 / 装備(1)
コスト(1)マナなので金属術系のデッキとも好相性。手軽に強化できる分、修正量もそこそこ。
7.0点  [C]《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》
アーティファクト・クリーチャー ― シャーマン (3)
1/3 (G),これを生け贄に捧げる:アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、破壊する。
壊すものには困らないはず。エンチャントも割れる。
序盤は守りつつ、チャンプブロックのときに起動して、ついでにアーティファクトを除去できるのは強い。
6.0点  [U]《ゲスの玉座/Throne of Geth》
アーティファクト (2)
(T),アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:増殖を行う。
除去に対応して、ついでに増殖する感じか。
墓地に行くことで誘発する、《危険なマイア》 や、《屍百足》 を除去として積極活用できる。
《炉の式典》 ともシナジーを形成する。
6.5点  [R]《災難の塔/Tower of Calamities》
アーティファクト (4)
(8),(T):クリーチャー1体を対象とする。これはそのクリーチャーに12点のダメージを与える。
除去だが、使えるかどうかはデッキ次第。
(8)マナ出せれば……クリーチャーは怖くない。
7.5点  [U]《堕落の三角護符/Trigon of Corruption》
アーティファクト (4)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (BB),(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (2),(T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体を対象とし、その上に-1/-1カウンターを1個置く。
除去は大切。これが待機しているだけでも十分に攻撃がしにくくなる。
三角護符すべてについていえるが、色を問わずに取っても使えるので、早めに確保を。
また増殖を利用する際、このカードで、前もってカウンターをばら撒いておくとややお得。
6.5点  [U]《感染の三角護符/Trigon of Infestation》
アーティファクト (4)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (GG),(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (2),(T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:感染を持つ緑の1/1の昆虫・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
感染による毒殺狙いデッキのサポートに。三角護符の中では、割と取りやすい。
毒カウンターを積極的に載せに行きたい場合には重宝する。
ブロッカーとして使い、時間稼ぎとしても悪くはない。
5.0点  [U]《回復の三角護符/Trigon of Mending》
アーティファクト (2)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (WW),(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (2),(T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは3点のライフを得る。
金属術シナジーは欲しいが、盤面に影響しないライフ回復をデッキに入れるのは、なるべくなら遠慮したい。
白のデッキなら、結構な量のライフを回復してくれるだろう。
7.5点  [U]《憤怒の三角護符/Trigon of Rage》
アーティファクト (2)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (RR),(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (2),(T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体を対象とし、EOTまで+3/+0する。
繰り返し使えるパワー修正。お手軽・打点強化。
パワー強化で真価を発揮するクリーチャーが赤に多く、いくつかのカードとシナジーを持つ。《血まなこの練習生》 を生かそう。
感染持ちクリーチャーの+3/+0強化は脅威となるので、毒殺狙いのデッキとも相性良し。
6.0点  [U]《思考の三角護符/Trigon of Thought》
アーティファクト (5)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (UU),(T):この上に蓄積カウンターを1個置く。 / (2),(T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:カードを1枚引く。
やや重く感じるがドローはドロー。使用に耐える。
7.5点  [C]《転倒の磁石/Tumble Magnet》
アーティファクト (3)
これは、蓄積カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。 / (T),この上から蓄積カウンターを1個取り除く:アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とし、タップする。
時間稼ぎにはもってこいの、回数制限付きタッパー。
色を問わず使えるので、コモンだが早めに抑えておこう。増殖で回数を増やせる。
5.5点  [C]《媒介のアスプ/Vector Asp》
アーティファクト・クリーチャー ― 蛇 (1)
1/1 (B):これはEOTまで感染を得る。
1マナなのが有り難い感染持ちクリーチャー。実質的に黒専用。
9.0点+  [M]《滞留者ヴェンセール/Venser, the Sojourner》
プレインズウォーカー ― ヴェンセール (3WU)
[3] [+2]:あなたがオーナーであるパーマネント1つを対象とし、追放する。次の終了ステップの開始時に、そのパーマネントをあなたのコントロール下で戦場に戻す。 / [-1]:このターン、クリーチャーはブロックされない。 / [-8]:「あなたが呪文を唱えるたび、パーマネント1つを対象とし、追放する」という紋章を得る。
頼りになるプレインズウォーカー。
[+2]能力は、除去オーラを外したり、回数制限つきのアーティファクトを復活させたり、CIPを再利用したり。
[-1]能力は、すべてのクリーチャーをブロックされなくするので、クリーチャーが並んでいればゲームを決める力を持つ。奇襲も可。
[-8]能力は、言わずもがな強力。
4.0点-  [R]《ヴェンセールの日誌/Venser's Journal》
アーティファクト (5)
あなたの手札の上限はなくなる。 / あなたのアップキープの開始時に、あなたは手札のカード1枚につき1点のライフを得る。
手札を溜め込んでも効果はライフ回復のみ。5マナと重いのでデッキには入れにくい。
6.5点  [C]《ヴァルショクの模造品/Vulshok Replica》
アーティファクト・クリーチャー ― 狂戦士 (3)
3/1 (1R),これを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。これはそのプレイヤーに3点のダメージを与える。
タフネス1なので、攻撃が止まりやすいのが難点か。置き火力と割り切ろう。
赤系のデッキで金属術を使いたい場合、軽いので優先してピックされる。
6.0点  [C]《絡み線の壁/Wall of Tanglecord》
アーティファクト・クリーチャー ― 壁 (2)
0/6 防衛 / (G):これはEOTまで到達を得る。
固い壁。タフネス6は、感染持ちと言えど突破には時間がかかる。
そのため地上のブロッカーとして大いに活躍。緑デッキなら空をも止める。
色を問わず入り、金属術をサポートできるため、壁とはいえ早めに抑えておいた方が良さそうだ。
9.0点+  [M]《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
アーティファクト・クリーチャー ― ワーム (6)
6/6 接死、絆魂 / これが戦場から墓地に置かれたとき、接死を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体と、絆魂を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
アドバンテージの塊。がんばって倒しても、より面倒な形に分裂してしまう。
白除去の力を借りて対処したい。
4.0点-  [C]《微光地/Glimmerpost》
土地 ― 神座 
これが戦場に出たとき、あなたは戦場にある神座1つにつき1点のライフを得る。 / (T):(1)を加える。
ライフ数点は無視してよいので、選ぶなら基本土地を。
二色土地
6.0点  [R]《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
土地 
あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、これはタップ状態で戦場に出る。 / (T):(W)か(U)を加える。
6.0点  [R]《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
土地 
あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、これはタップ状態で戦場に出る。 / (T):(U)か(B)を加える。
6.0点  [R]《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
土地 
あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、これはタップ状態で戦場に出る。 / (T):(B)か(R)を加える。
6.0点  [R]《銅線の地溝/Copperline Gorge》
土地 
あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、これはタップ状態で戦場に出る。 / (T):(R)か(G)を加える。
6.0点  [R]《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
土地 
あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、これはタップ状態で戦場に出る。 / (T):(G)か(W)を加える。
他のセットに比べるとアーティファクトが多く、マナ・マイアも各色にあるため、土地が色事故を起こしても展開には困らないことが多い。
3色以上のデッキや、テンポデッキなら取って構わないが、この環境ではそんなに優先度は高くない。
ミラディンの傷跡 [SOM]  【ドラフト点数表  【カード解説;



'Blinkmoth'トップへ戻る

マジック:ザ・ギャザリングのゲームに関わる事項 (カード・テキストを含む)は、 Wizards of the Coast社が著作権を有します。
(株)タカラトミーは、マジック:ザ・ギャザリングの 日本語版販売代理店です。